[自衛官]うつ病になった時どうすればいい?

Uncategorized

実際に陸上自衛隊に勤務し、うつ病になって退職した私が教えます!

精神科・心療内科を受診する

まずは病院を受診して診断書をもらいましょう。

病院の予約ですが精神科も心療内科も患者数が多く約2週間待ちのところが多いです。

予約制でない病院もありますが長い時で3時間ほど待つ場合もあります。

診断書を提出する

病院でもらった診断書は直接部隊へ提出し、事情や原因などを説明するのが望ましいです。

しかし、私もそうだったのですが人と関わるのが嫌だったり怖かったりする場合は実家から郵送する事もできます。

どのくらいの長さ休める?

診断書提出 → 病気休暇(90日間)→ 休職(3年間)

主な休みは病気休暇(90日間)になります。私の場合は年次休暇の使用と約2ヶ月の病気休暇の後、退職しました。

復職を目指す場合と退職する場合、どちらでも病気休暇(90日間)の後3年間も休職する事ができる為、うつ病の治療に集中する事ができます。

休んでいる間の給料は?

休んでいる時に気になる給料面ですが、、、

病気休暇の間は、100%保障されます。 ただ病院の先生と自分の体調によりますが、私の場合は1ヶ月ごとに診断書の提出が必要でした。

休職の間は、80%保障されます。ただ3か月ごとに診断書の提出が必要です。

まとめ

 自衛官は特殊でかっこいい仕事である一方、その特性上プライベートでの制限が多く、抱えるストレスも多い仕事です。

ひとつの仕事を続けていくことは立派で誰にでも出来る事ではありませんが、無理をしてまで続ける必要はありません。

お金や肩書きも大切ですが何よりも大切なのは、自分自身です。

自分のことは自分がよくわかっているから、一番の理解者で、一番の味方でいてあげてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました